ねじ込み形ボール弁
  • フランジ形ボール弁フランジ形ボール弁
  • プラスチック弁プラスチック弁
  • バタフライ弁バタフライ弁
  • ニードル弁ニードル弁
  • 電動操作機電動操作機
  • エア作動操作機エア作動操作機
  • 周辺機器周辺機器?オプション
  • 製品検索
  • 製品カタログPRODUCTS CATALOG
  • 選定サポートSUPPORT
  • 技術情報TECHNICAL
  • 企業情報COMPANY
  • オンラインショップONLINESHOP
  • お問い合わせ
  • 技術情報TECHNICAL

    技術情報Technical intelligence

    ボールバルブの構造2021.10.01

    ボールバルブはボールを回転させることで流路を開けたり閉めたりしています。
    回転するボールの支え方には大きく二種類の構造があります。

    フローティング構造

    ボールがシートに抱え込まれている構造のボールバルブです。
    本體の流路に配置された2枚のシートが適度な締め代でボールを挾み込んでいます。

    ボール上部には溝が設けてあり、ここにステムの板狀になった部位を合わせボールを回転させます。
    この溝は、ボールが全閉時に流路と同じ向きになるようになっています。

    流體圧力によりボールが溝に沿って下流側に押されることで安定したシール性能を確保します。

    部品點數が少なく、シンプルな構造なのでコストパフォーマンスにも優れます。

    締め代はシートの弾性を利用しているので、比較的柔らかい材料を使用しています。

    トラニオン構造

    trunnionとは部品を旋回させる回転軸のことです。
    ボールを上下の軸でしっかり支える構造のバルブです。

    回転軸に支えられてるお陰でボールは流體圧力の影響を受けにくくなっています。
    シートはシートホルダに內蔵された”ばね”で押されボールに接觸しています。
    安定した締め代を長期間保持することができます。

    構造が複雑で部品點數が増えるので価格は高めになってしまいますが、流體圧力の影響を受けにくいことから
    差圧が大きい等、條件の厳しい環境で使用されることが多いモデルです。

    設定しているシートも高性能エンジニアリングプラスチックからメタルシートといった高剛性の材質を各種取り揃えております。

    お気軽にお問い合わせください。

    お客様のご使用條件に最適なボールバルブを選定させていただきます。

    お気軽にお電話やファックス、問い合わせフォームからご連絡ください。

    技術情報へ戻る

    CONTACTご相談?ご質問、
    まずはご連絡ください。

    お電話でのお問い合わせ

    052-582-6435

    052-582-6435

    受付時間 9:00~17:30(土日?祝日を除く)

    FAXでのお問い合わせ

    052-582-6439

    24時間受付しております!

    メールでのお問い合わせ

    選定依頼?資料請求?その他お問い合わせ

    彩经网